〒562-0036 大阪府箕面市船場西三丁目6番32号 箕面船場クリニックビル302号室

WEB予約
胃カメラ・大腸カメラ専門サイト
インフルエンザ予診票
MENU

内科・消化器内科・内視鏡内科
乳腺外科・循環器内科・外科

ブログ

Blog

狭心症と心筋梗塞の症状

こんばんは

今日は狭心症と心筋梗塞についてです。

心臓の周りには心臓を栄養する冠動脈という血管があり、その冠動脈が動脈硬化で狭くなってくるのが狭心症、さらに血栓(血液の固まり)ができて閉塞してしまったものを心筋梗塞といいます。

狭心症の症状として1番多いのは動いている時の胸の苦しさです。

例えば最近散歩をしていたら胸がキュッと掴まれた感じがする、布団の上げ下ろしの時に胸がしんどくなる、肩まで重たい感じがする、胸がかっとするような感じがするなど様々なので、診断するには問診が大事になってきます。

糖尿がある方や高齢になってくると症状を感じない方もいらっしゃることもあるので定期的な診察が必要です。

普段となんだか違う場合は一度ご相談くださいね。