〒562-0036 大阪府箕面市船場西三丁目6番32号 箕面船場クリニックビル302号室

インフルエンザ予診票
WEB予約
MENU

内科・消化器内科・内視鏡内科
乳腺外科・循環器内科・外科

診療案内

Medical

心臓弁膜症

心臓には4つの部屋があり、右心房、右心室、左心房、左心室があります。左心室と大動脈の間が大動脈弁、左心房と左心室の間が僧帽弁、右心房と右心室の間が三尖弁、右心室と肺動脈の間が肺動脈弁、という4つの弁があります。
閉鎖不全症とは弁の機能が悪くなり、通常の向きと逆に血流が流れることです。このため、心臓に不必要な負担がかかるため、徐々に心機能が落ちてきます。
また狭窄症とは弁が動脈硬化やその他の理由でうまく開くことができなくなり、次の心臓の部屋にうまく血流を送ることができなくなることです。
軽症~中等症までは、薬物治療が中心となります。しかし、病状が進んでくると、徐々に心臓の機能が低下して心不全の状態を引き起こします。重篤化してくると内科的治療は困難となるため、外科的な修復の治療が必要になることがあります。
近年は、外科的な手術ではなく、内科的なカテーテルによる心臓弁膜症の治療も行われており、より低侵襲により短い入院の期間で弁膜症の治療を行うことも可能になってきております。
弁膜症は検診等で心臓に雑音を指摘されたり、症状としては労作時の呼吸苦や感冒様症状、下肢のむくみ、全身倦怠感、胸痛や失神発作などが出現します。
まずは心エコーの検査での評価が大切になります。

【心臓弁膜症の症状】
  • 心拡大
  • 心雑音
  • 息切れ
  • 足や顔のむくみ
  • 胸痛・意識低下

心臓弁膜症サイト